別れた妻と復縁をするには

男の復縁

別れた妻と復縁して以前のような生活を送りたい。
別れたままだと、なぜか分からないけどモヤモヤする。

しかし、妻と復縁するとなると恋人同士と違って、自分達だけの問題ではない(親や子供も関わってくる場合)がありますので、復縁が困難なケースもしばしばあります。

今回は、別れた妻と復縁するにはどのようにすればいいのか、さらに親や子供の問題を解決する方法を考えてみたいと思います。

まずは、元妻と連絡を付ける手段を確保しよう

男の復縁

別れた原因を、こちらだけで考えていてもハッキリわからないケースもあります。

そんな時は相手に聞いて・・・と言いたいところですが、だいたいは答えてくれないか、無視されるか、そもそも連絡先が消えてるというパターンになります。

ではそのようなパターンになってしまった時は、どのようにすればいいのでしょうか?

答えとしては、SNSなどのメッセージ欄で復縁をしたい事を伝える、連絡先が消えてしまっている場合は共通の友人に伝えてもらうという方法があります。
このとき、当たり前ですが、復縁に協力をしてもらいそうな友人を選ぶのは言うまでもありません。

定期的に子供と会う約束になっている場合、元妻の住所がわかるということもあるかもしれません。
もしそうであれば、メールやLINEといった手軽な手段ではなく、自分の気持ちを手紙に書いて送るという方法もあります。
手軽な連絡手段が一般的になった今だからこそ、直筆の文字で書かれた手紙はその重さを増します。
復縁したいというあなたの真剣な気持ちが、元妻に伝わるかもしれません。

復縁したいなら、妻にばかり責任を押し付けない

男の復縁

「向こうが悪いから別れることになった」という想いがくすぶっていると、復縁の可能性は下がっていきます。
(ただし妻が浮気してしまい別れることになった場合は、復縁できる可能性がゼロに等しいです)

もし復縁したいという気持ちが強いのであれば、妻にばかり別れた原因を押し付けないで、自分の反省すべき点(亭主関白的な所がある。家事をしないなど)を振り返って改善をしましょう。
改善に向かって努力をしていくことによって、元妻の気持ちにも変化が起こるかもしれません。

元妻と復縁をして結婚生活をやり直すことは、初婚以上に難しいことです。
それはその先の人生を再びともに歩めるかどうかを、以前の生活と比べ江考えてしまうからです。
もしあなたに何の変化もなくいままでのままだったら、例え復縁・再婚しても同じことを繰り返すことは容易に想像できます。
同じように失敗することがわかっている結婚生活を、再び選ぶわけはありません。

あなたに変わる兆しが見えれば、以前のあなたを知っている分、元妻のあなたに対する印象は大きく変わります。
だからこそ相手を責める気持ちの前に、素直な気持ちと具体的な姿勢を示すべきです。

子供は復縁に賛成するか?

男の復縁

もし子供がいる場合、離婚や別居によって、その心には相当なストレスがかかっています。
片親がいなくなる喪失感は、親の立場では案外想像しがたいものです。
加えて転向をしているのであれば、環境の変化も小さくはありません。

そんな子供にとって復縁は、いきなり関係を巻き戻されることになります。
復縁したい気持ちが強いと、
「あの子だって、両親が揃っていた方が幸せに違いない」
と思いがちですが、ようやく片親のいない環境に慣れたにも関わらず、その生活基盤をまた乱されるというのは受け入れがたいこともあります。

さらに言えば子どもの中に
「再婚は嬉しいけど、またいつか別れるかもしれない」
という想い・不安がくすぶっている場合もあります。

自分の気持ちだけで突っ走るのはいったんやめて、子どものことを考えることも必要です。

親は復縁に賛成するか?

男の復縁

言うまでもなく結婚は当人同士だけでなく、親同士が結びつくことでもあります。
その関係が崩れたことで、少なからず親の中には相手側への不信感が生まれています。
つまり復縁には、親の理解・容認が不可欠と言うことです。

一般的に親は、復縁に反対の立場を取るでしょう。
「復縁するならお前とも絶縁する」
と口にするケースもあると思います。

当人同士が復縁に向けて前向きになったのであれば、勢いに任せるのではなく、両家の親に対してじっくりと時間をかけて理解をしてもらう努力が欠かせません。
これは親に対してだけでなく、自分たちの中にも「今度こそは幸せになろう」という意思を固めることにもつながります。

ホームへ戻る》

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です