恋愛タイプ別に見る、別れた彼氏との復縁の方法

女の復縁

彼氏に振られた、または失恋してしまったということは、そこに至る何かしらの原因があったはずです。
それはひょっとすると、あなたの恋愛タイプが少なからず影響しているかもしれません。
お互いの恋愛の波長が合わずに亀裂が生じ、やがて別れに至ってしまうパターンです。
あなたが元カレとの復縁を望む場合、自分の恋愛タイプを客観的に見つめたほうが良いかもしれません。
自分の恋愛対応がわかることで、何が元カレの気持ちを変えてしまったのか、また復縁をした後にどうすればその関係を終わらせずに済むか、そのヒントが見つかるかもしれません。

母性本能が強いあなたが復縁を叶えるポイント

女の復縁

彼氏に喜ばれることを好んで、いろいろとお世話したりして彼氏に尽くすことで幸せを感じるタイプは、母性本能が強いと言えます。
このタイプの女性は、彼氏に頼られたい、彼の役に立って好きな人を自分の手で幸せにしたい、という恋愛感があります。
これは裏を返すと、
「そんな自分の存在を認めて欲しい」
「自分のことが大切だ、必要だともっと言って欲しい」
という欲求もあわせもっています。

これが高じると、彼氏の中の自分の存在感を大きくしていきたくなり、四六時中一緒に居たがる、頻繁に連絡をしてほそくなるなど束縛が強くなっていきます。
いわゆる“重い女”です。

一般的に男性は、自分のことを束縛する存在を避ける傾向があります(好きになった女性のことは束縛したがるのに、です)
つまり別れに至った原因は、あなたが彼のキャパを超えるくらい詰め寄りすぎてしまったことにあるのかもしれません。
彼氏にしてみると「母親か、奥さんにでもなったつもりか」という感じです。

そして少しでも連絡が途切れると不安になって、
「もう私の事、嫌いになったの?」
などと口にしてみたことはありませんか?
もしあるとすれば、「めんどくせえ」という印象を彼氏に与えた可能性も大きいです。

愛情はありつつも一定の距離を取る・・・口で言うほど簡単ではありませんが、もしあなたの恋愛タイプが別れの原因になっているのなら、少しだけでも自分を変えていかなければなりません。

彼氏一辺倒な姿勢は、彼氏への依存を高め、相手を息苦しくさせます。
自分の気持ちを押し付けるのを少し押さえて、相手のことを思う気持ちを育ててください。
例えば連絡が途切れたら、
「私のことを・・・」と一人称から始めるのではなく
「忙しそうだけど、身体に気を付けてね」と相手を思う気持ちを先に伝える、といったことです。

少し広い視点を持って、お互いが幸せになれる関係性を探していきましょう。

復縁したい・よりを戻したい。そんなあなたの力になってくれる占い師がいます。

尽くさせるタイプのあなたが復縁を叶えるポイント

女の復縁

彼氏が仕事やプライベートなどいろいろと面倒見てくれるなど尽くされることによって、自分が彼に大切に思われていると感じ喜ぶ傾向があるタイプ。
自分に自信があり、異性からモテてきた女性に多いです。

モテル女性と言うのは必然的に、男性から尽くされる立場になりがちです。
男性が自分を方を振り向かせようと、さまざまな努力や工夫をしてくれるからです。
そういった経験が積み重なると、女性のプライドはどんどん高くなっていきます。

このタイプの女性、復縁と言う場面ではどうすればいいかがわからなくなりがち。
これまで自分が動かなくても勝手に彼氏が出来たり、告白などしたことがないという経験が邪魔をします。

そんなあなたが、元カレと別れることになった原因はなんだったでしょうか?
いろいろと尽くしてくれる彼氏に甘えて、いつしか感謝の言葉も言わなくなっていませんでしたか?

男性は、自分のやったことに対して成果が上がることを喜びます。
さらに、他人と比較して自分が優位であることも喜びます。

あなたがいきなり、従順な女にキャラ変するのは違和感があります。
自分もつらいでしょうし、元カレからも気持ち悪がれたり、いかにも下手に出てくる姿勢に不気味さを感じてしまうこともあります。

彼氏がしてくれたことに素直に感謝をし、
「こんな素敵な景色、はじめて見た」
といった言葉を添える。
そんな気遣いができるようになれば、ふたりの関係は良好につづいていくはずです。

ホームへ戻る》

Follow me!

LINEトーク占いいつものLINEで復縁占いができる「LINEトーク占い」 チャットは1分100円~、電話は1分130円~、と業界最安値級。 さらに初回10分無料(最大2,800円相当)。 実力派の占い師がたくさん所属しているLINEトーク占いなら、誰にも言えない復縁の悩みを相談できる先生が、きっと見つかります。 LINEトーク占いを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA