別れた元夫と復縁をするには

元夫 復縁

離婚したからこそ見えてきた元夫の魅力、そして「やっぱり好き」という後悔、経済的な理由など。
多大なエネルギーを使って離婚したにもかかわらず、元夫と復縁したい気持ちが高まってくるのは、さほど珍しいことではありません。

ただしデータを見ると復縁できる率はものすごく少なく、離婚した夫婦のおよそ1割程度。
多くの人が復縁をしたいと思っても、実際にはさまざまな事情によって、復縁できないのが現実です。
彼氏・彼女の関係と違い夫婦は、気持ちの面や社会制度の面、家族や子供といったさまざまな要素が複雑に絡み合います。
これらを一度解消してしまった後に再び元も形に戻すのは、想像しただけでも難しいとわかります。

ただし必ずしも復縁・再婚が叶わないわけではありません。
ではどんなケースの場合、元夫との復縁の可能性が溜まるのでしょうか?

別れた原因によって、元夫と復縁できる可能性は異なる

元夫 復縁

離婚に至った原因によって、復縁の可能性はまったく異なってきます。
それぞれのケースについてご説明します。

不倫や浮気が原因で離婚した場合

一般的に、双方の不倫や浮気で離婚した場合、復縁できる可能性は低いと言えます。
なぜなら元夫の不倫や浮気で別れたら場合、元夫はその相手に対してより強い恋愛感情があるからです。
恋愛感情というのは実に強烈で、その引力は協力、時として我を忘れさせてしまうことがあります。
家族や妻と言う安定したつながりであるあなた以上に、その相手には衝動的な感情が高まっています。
こういった状態にある元夫は、あなたの話に耳は傾けないでしょう。

実に都合のいい話ですが、そんな元夫があなたの方に再び近づいてくるのは、
・浮気相手と別れた
・激しい恋愛に疲れて、安定が欲しくなった
時です。

その時にあなたが元夫を受け入れらるかどうかが、復縁の行方を決めます。

反対にあなたの不倫や浮気で別れた場合も、復縁の可能性は低いと言えます。
元夫を裏切って不倫や浮気をしたのに、新しい彼氏に飽きたからといって元夫の所に戻るのは、なかなか許してはもらえないと思います。

性格・価値観の不一致が原因の場合

「何かが起こったときの夫の態度が許せない」
「普段の生活の中での何げない習慣が合わない」
「自分への接し方がカチンとくる」
こういったことが積み重なって離婚に至る・・・実はこのような性格・価値観の違いが離婚原因で最も多いケースです。

性格・価値観の不一致が原因で離婚に至った場合、復縁の可能性は、限りなくゼロに近いと考えられます。
というのも男女の関係でもっと重要なポイントすべてにズレが生じているので、そもそも二人の相性は、最初からかなり悪かったと判断できます。

しかし、それでも「元夫と復縁したい」と思う場合、結婚生活の中で嫌だと思っていた元夫の言動を受け入れる努力が必要になります。
もしくは「きっとあの人はこういう判断でそれをしているのだ」と、自分なりの解釈で許容することが必要です。
ただし日々のことだけに、精神的には相当きつくなる可能性も考えておく必要があります。

元夫との復縁には覚悟が必要

元夫 復縁

どういう理由で復縁を望むのかに関わらず、元夫と復縁をして再婚をするというのはかなりの覚悟が必要です。
それは復縁を実現するだけでなく、その後に続いていく結婚生活も幸せに維持していくかじ取りが求められるからです。

また一度結婚をして、すれ違いが生じて離婚に至っている二人には、お互いの中に相手に対する印象・感情が深く刻まれています。
離婚をして時間が経過し、この印象・感情がさほど悪くなければ二人の距離は再び縮まる可能性がありますが、再婚してみたらやっぱりネガティブな感情が湧き上がってきた、ということは十分あり得ます。

「今度こそは良好な関係を維持する」
という強い覚悟と共に、いきなり再婚ではなく、再び交際から再スタートを切ってみるという慎重さも必要になってきます。

ホームへ戻る》

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です