復縁をかなえる電話のかけかた

復縁の方法

最近は、インターネットの普及もあり、LINEでのコミュニケーションが大幅に増えたので、電話をする回数が減ったと感じる方も多いと思います。
でも恋人であれば、やっぱり電話で会話をしたいですよね。
付き合っていた頃から電話でのコミュニケーションが多かったカップルではなくても、別れた後に急に彼の声が聞きたくなって、つい電話をしてしまう人も結構多いのではないでしょうか。

ただし復縁と言う点で考えた場合、果たしてこの電話でのやりとりは、有効な手段でしょうか?

残念ながら、答えは「ノー」です。

今日は「なぜ電話でのコミュニケーションが復縁に有効な手段ではないのか」と、もし「電話をする場合の作法」について書いていきたいと思います。

電話でのコミュニケーションが復縁に有効な手段ではないワケ

復縁の方法

まず冷静になって考えてもらいたいことは、「(彼への)その電話、何の目的のためにかけますか?」ということです。
「相手の声を聞きたいから」でしょうか。あるいは、「私の気持ちを伝えたいから」でしょうか。

残念ながら復縁の場合、感情のままに動くと失敗する可能性が高くなります。
なぜか?
少なくとも彼(相手)は今現在、あなたの彼氏ではありません。
そのため、あなたの感情に合わせる必要はなく、電話が来たとしてもあなたのわがままと捉え、「めんどうくさいな、(今は)電話出るのをやめよう」となります。

そして、仮に彼(相手)が出なかったとき、あなたはどのような行動をとりますか?
不安になりますね。そして、また電話をかけてしまうことになるでしょう。

気が付かれた方も多いでしょう。
感情のまま行動して、相手が電話に出ない場合、あなたは何度も何度も電話をかけてしまう可能性が出てくるのです。
ストーカーと思われてしまうリスクがあるのです。

また、仮に彼(相手)が電話に出たとしましょう。
もう恋人関係でないわけですから、相手は、あなたからのたわいもない話を聞く気持ちはありません。
会話の途中で「で、何か用?」というセリフが出てしまう可能性もあります。

このようになってくると、復縁には遠くなりますね。
冷却期間がある程度ある場合は、相手からも話をいっぱいしてくることもあるかもしれませんが、少なくとも十分な冷却期間がない場合は、電話というツールはうまく機能しない可能性が高いのです。

復縁につながる電話の作法

復縁の方法

彼(相手)が積極的に電話、メール、LINEなどのコミュニケーションをしてくる場合を除き、冷却期間を持つようにして、その期間は電話などのコミュニケーションをしないようにしましょう。
冷却期間を置くことで、あなたは失恋時に感じたような失望感も少し減り、気持ち的にも楽になっていると思います。
また、お互い冷静になったことにより、友達のような関係にもなっているかもしれません。

彼(相手)も冷却期間を置いたことで、気持ちに変化が現れ、あなたのことをふとした瞬間に思い出すということも出てくるでしょう。
冷却期間を置き、お互い冷静になったと思い、電話をかける理由があれば、電話をかけてもいいかもしれません。

ただし、長電話にならないこと、相手の都合をしっかり考えてあげることがあなたには必要です。
相手が忙しそうであれば、「また今度かけるね」と言って、そのときは早めに電話を切り上げましょう。

復縁したい元カレから電話が来た場合は?

彼(相手)から電話が来たということは、彼(相手)がメールやLINEではなく、電話でのコミュニケーションを望んでかけたということになります。
「相手が望んでいる」のであれば、電話はしてOKです。

ただ、注意しなければならないのが、彼(相手)の電話が、「彼の家にあなたの忘れ物があるからどうする?」とか他の業務連絡みたいなものであったら、「相手が望んでいる」とは言えず、「すぐ結論を聞きたいから」ということになるので、長電話はもちろんせず、その後に電話を掛けるときも注意しながらかけた方がよいと言えるでしょう。

スムーズな電話ができれば、復縁は近い

復縁の方法

相手に対するプレッシャー、つながらなかったときの自分への揺り戻しなどを考えると、復縁における電話はかなり気を遣う必要があります。
まずはLINEなどでやりとりができてから、「電話していい?」と確認した上で電話をかける。
こういった段階を含むことで元カレにも心の準備ができますし、あなた自身も自信を持って電話をかけられるようになっていきます。
逆にここまでくれば、復縁の可能性はぐっと高まると思います。

ホームへ戻る》

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です