復縁成功に沈黙は有効?

復縁の方法

彼と別れてすぐの人の中には、「すぐにでも彼とやりなおしたい、復縁をしたい」と思っている人も多いと思います。
それ故、本当に心にゆとりがない人は、別れてすぐ、元彼に何回も電話、メール、LINEを送ってコミュニケーションを取ろうとする人もいます。

果たしてこのアプローチは有効なのでしょうか?
答えは、「ノー」です。
喧嘩別れ、浮気された、理由はいろいろあると思いますが、別れてすぐの時に何度もアプローチしても、逆に悪影響となり、彼はあなたのことを「うざくて、めんどくさい奴」としか思わないでしょう。
下手すれば、ストーカーと訴えられる可能性もあります。

このようになると、復縁にはほど遠くなりますね。
では、どのようなアプローチが適切なのでしょうか。
それは「(心理的に苦しいでしょうが)適切な冷却期間を置き、その間は沈黙する」ことです。

冷却期間を置いて、沈黙もしていれば、彼は当初の苛立ちやあなたへの愛情が冷めていたとしても、ふとした瞬間に「あいつ元気かな?」なんて思うようになってきます。
女性とは異なり、男性の恋愛は「新規保存型」なので、別れた彼女でも気にはなるのです。

ここでは「沈黙」という方法に関して、どのように行うか、いつまで沈黙をするのかを書いていきたいと思います。

復縁に有効な「沈黙」の仕方とは?

復縁の方法

「沈黙」で大事なことは、もちろん彼とのコミュニケーション(電話、メール、LINEなど)を完全に断つことですが、今はインターネット社会で、彼がどこでみているかわからないので、ブログ、twitterやFacebookなどのSNSの更新もストップしましょう。
もちろん、ブログ、twitterやFacebookでは、「いいね!」ボタンのクリックも禁止です。

理由は、彼から見たときに、これらのアクションで、「あいつ、別れるときにあんなに泣いたのに、やっぱり元気なんだ・・」と思われてしまい、戦略的な復縁には結びつかなくなるからです。

いつまで「沈黙」をするべきか

復縁の方法

半年もの「沈黙」はつらいですが、「沈黙」を終えるタイミングは彼のアクションの有無で決めましょう。
なぜなら効果が出たときには、彼(相手)はあなたのことが気になって、連絡なりしてくるのです。
また、この前後で、彼があなたのことを気になりだしたのであれば、復縁のタイミングも近づくからです。
およそ辛かった半年も待つと、冷却期間もだいぶ過ぎるので、彼のいら立ちも減ってくるでしょう。
このタイミングで彼からの連絡がなければ、さりげなく、一度メッセージを送ってみましょう。(この時の注意点は、長いメッセージを送らないことです。)

復縁したい・よりを戻したい。そんなあなたの力になってくれる占い師がいます。

「沈黙」時の注意点。彼から電話、メール、LINEがあった場合

復縁の方法

別れた後も頻繁に彼から連絡がある場合はどうでしょう。
復縁には、「(あなたが)手に入りそうで入らない距離」に保つことが重要です。
そのため、例えば、5回に3回しか電話に出なかったり、メールやLINEの返信をすぐにはしないなどして、あなたとの力関係(惚れ度合い)を変えていくのがベターです。
LINEでは、敢えて既読にしない というのもよい作戦です。

相手が5回出すメッセージに対し、あなたが3回しかメッセージを返さないということは、力関係(惚れ度合い)が変わっている状況となるので、「男というものは、獲物を追うのは好きだけど、追われるのは嫌いという心理」に付け入ることができることになります。
また、力関係(惚れ度合い)が変わっていると、復縁してからも心理的に楽になり、彼と対等に会話ができるので、今後のあなたに恋愛に有利に運ぶでしょう。

ぜひ、敢えて沈黙期間を設け、彼との復縁につなげてください。

ホームへ戻る》

Follow me!

LINEトーク占いいつものLINEで復縁占いができる「LINEトーク占い」 チャットは1分100円~、電話は1分130円~、と業界最安値級。 さらに初回10分無料(最大2,800円相当)。 実力派の占い師がたくさん所属しているLINEトーク占いなら、誰にも言えない復縁の悩みを相談できる先生が、きっと見つかります。 LINEトーク占いを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA