復縁がうまくいかない時の対処法

復縁 うまくいかない

今回は、復縁がうまくいかない時の対処方法を考えていきたいと思います。
復縁がうまくいかないというのは、復縁前にうまくいかない(つまり、復縁できない)と復縁後(復縁したけどうまくいかない)の2つのケースが考えられますが、どちらも大事なポイントは同じだったりします。

復縁がうまくいかない時に考えるべきことは?

復縁 うまくいかない

まず考えなくてはいけないポイントは、なぜ別れることになったか、つまり別れた理由、うまくいかなかった理由です。

男性の視点での別れの理由は、
「(実は)彼女が浮気していた」
「彼女の欠点が許せなくなった」
「連絡の頻度の価値観が違った」
「他に好きな人ができた」
「ときめかなくなった」
「大ゲンカした」
「趣味、話が合わない」
など、いろいろなものがありますが、浮気を除けば、あなたと心理的な相性があわないということが理由になっているようです。

元々、動物で言えば、ハンター的な活動をしてきたオスにとっては、新しいものを常に求めてしまうこともあるのでしょう。
新鮮さがなくなることで、「次に行こう」と思っても不思議ではありません。

今、あなたは元カレとの復縁を望んでいます。ここで質問です。
「あなたは別れた時点から、何か変わりましたか?」
「元の彼氏から見て新鮮な、ときめくような何かが増えましたか?」

もしこれらに自信が無い場合、ハンター(元カレ)が狩りを行いたいと思うような魅力的なポイントが必要かもしれません。

復縁したい・よりを戻したい。そんなあなたの力になってくれる占い師がいます。

別れた理由が不明瞭な場合は?

復縁 うまくいかない

別れた理由が具体的にわかっている人は、必ずしも元カレが求める通りの女性を目指す必要はありませんが、できる限り近づく努力をしていきましょう。
別れた理由が不明瞭な人は、次の3つを考えてみてみましょう。

1.相手の視点で物事を考える

すべてのことを相手優先にする必要はありませんが、復縁においては、相手の視点で考えることは基本中の基本です。
さみしいからといって、夜間や相手が仕事をしているときにメールや電話していませんか? 相手が明日仕事なのに、夜遅くまで引き留めたりしてませんか?メールやラインの返信がすぐ来ないと、何度もプッシュしたりしてませんか?
これらの相手を無視した行動は絶対ダメです。うまくいかないのも当たりまえです。
別れる間際にこのような相手を無視したことをしていた人はまず、そこから治しましょう。

2.自己肯定感を高める

2番目としては、相手と対等な立場にいれるかということです。
付き合い当初は別として、常に「不安・自信がない・緊張しすぎる」など元カレと対等な関係いられなかった方は、自己肯定感を高める努力(自己肯定感を下げない努力)を心がけましょう。

不安や自身のなさは、相手に確実に伝わるし、彼氏の立場からすると、最初は「守ってあげたい」と思うかもしれませんが、周りにあなた以上に話があう女性にであうと、あなたの不安や自身のなさがうっとうしく感じる可能性もあります。

また、元カレとあなたの会話が
「何食べる?」→「なんでもいいよ。」、「どこ行こうか?」→「どこでもいいよ」などの返事しかしてなかった場合、仮にあなたが相手のことを考えて言った発言だとしても、「俺のこと興味ないんだ」と思ってしまっていたかもしれません。

相手はあなたのことを好きだから付き合ったのですから、自信をもって自己を肯定しましょう。
復縁がうまくいかないのは、あなたの優柔不断から来ている場合もあるでしょう。

3.復縁したい元カレを第一優先にはしない
好きだからこそ、復縁を願っているあなたには、元カレの優先度を下げるのはなかなか難しいのですが、元カレを第一優先にするのは避けましょう。

理由は、第一優先だと、相手への依存度も高くなり、相手の視点で物事を考えることが難しくなったり、独占したくなります。
また、自分の行為に対し、
「元カレはどう思ったかな?」
「メールなんて送るべきじゃなかったのかな?」
など、自己肯定感を下げてしまうような行動を起こし、心理的にも不安定になっていくからです。

仕事、趣味、友人、家族などと同等、あるいはそれより若干低い優先度にできれば、元カレから連絡がきても、あなたの素を出すことができるからです。

復縁がうまくいかないと思っている人は、一度3つの点について考えてみてもよいかもしれません。

Follow me!