復縁の可能性がないパターンって?具体例や元彼と復縁するためのアクションを解説

※本サイトの記事にはプロモーションが含まれているものがあります。 広告収益は、あなたにより良い情報を届けられるよう、本サイトの運営・改善費用に充てさせていただいております。

復縁の可能性がないパターン

元彼のことが忘れられず、一緒にいた頃の写真を何度も見返してしまう。
二人で行った思い出の場所を思い出してしまう。
「元彼ともう一度恋人同士に戻りたい」「でも、復縁なんてできるのかな・・・?」と、同じ考えが頭の中をぐるぐる回り続けるのは、本当に苦しいですよね。

こんにちは。復縁占いナビ編集部です。

この記事では、あなたに復縁の可能性があるのかを見極めるための方法をご紹介します。
あわせて、復縁の可能性をできる限り高めるための方法もご紹介します。

この記事が、あなたの苦しさを和らげる手助けになりますように。

復縁の可能性を探る前に意識しておきたいポイント

復縁の可能性がないパターン

「復縁」と聞くと、単に「元彼とよりを戻す」というイメージがあるかと思います。

ですが復縁を成功させるために大事なのは「復縁とは、出会い直しである」という意識を持つことです。

一度別れたということは、二人の間に何かしらのミゾがあったということ。
そのミゾを埋めずに恋人同士に戻ったとしても、また同じ結果になってしまうかもしれません。
つまり、単に付き合っていた頃の延長線では、復縁はうまくいかないのです。

復縁の可能性がないパターン

二人の間にあったミゾを埋めるためには、元彼もあなたも、変化することが必要。
新しい男女として出会い直し、お互いに「運命の相手」だと認識することが大切です。

出会い直しには、相応の努力が必要です。
そこでまずは、あなた自身が本当に元彼と復縁したいのかを再確認してみましょう。
自分の気持ちをたしかめるためのポイントを、以下で紹介します。

【ポイント1】本当に元彼のことが好きなのかを考える

あなたが「元彼と復縁したい」と思うのはなぜでしょうか?

自分の本音に耳を傾けて、本当に今でも元彼のことを愛しているのか、それとも単に執着しているだけなのかを見極めてみましょう。

復縁の可能性がないパターン

場合によっては単に、隣に誰もいない寂しさを紛らわせたいと思っているだけなのかもしれません。
元彼との思い出は、どうしても美化されるものだからです。

付き合っていたときに感じた不満や、別れることになった原因なども思い出しながら、それでもなお元彼と恋人同士になりたいのか、なぜ元彼がいいのかを自問自答してみましょう。

【ポイント2】復縁には「覚悟」と「努力」が必要だと知っておく

元彼と別れたという事実がある以上、別れを選んだ理由があることは確かです。
つまり単純に「復縁さえできれば幸せな日々に戻れる」と盲信するのは危険で、仮に復縁できたとしてもまた別れてしまうかもしれません。

復縁とは「出会い直し」。
新しい一人の人間として、元彼とまたイチから関係性を紡いでいく必要がありますし、そのためには自分自身が変わる必要もあります。

復縁するためには、こういった覚悟と努力が必要なのだということを理解しておきましょう。

復縁の可能性がないパターン

でも「自分が本当はどう考えているのか」って、自分では意外にわからないものですよね。
「そんなにカンタンに自分の気持ちがわかるなら、ここまで苦しい思いはしていないよ・・・!」と言いたくなってしまいます。

そこでオススメなのが、第三者の視点からあなたのことも元彼のことも見てアドバイスしてくれる、電話占いの先生に相談してみること。
今のあなた・元彼の本心だけでなく、二人がこれまでにどのような考えをしてきたか、そして、将来どんな考えをもつのかまで見通してアドバイスしてくれますよ。

\ 総額8,000円分もおトクに /

復縁の可能性がないパターン

復縁の可能性がないパターン

「復縁=出会い直し」なので、新しい元彼と新しい自分とが出会い、お互いに運命の相手だと認識できることが大切になります。

逆に言えば、以下のようなパターンでは復縁が実現する可能性が低いと言えます。

1.元彼が以前のまま変わっていない
2.自分が以前のまま変わっていない
3.別れ方が良くない
4.再び出会うチャンスがない
5.お互いに、実は運命の相手ではなかった

それぞれのパターンについて具体的な例を交えつつ、解説します。
(ただ、本当に諦めるべきなのかどうかを判断するのは難しいので、第三者に相談してみるのもオススメです)

【パターン1】元彼が変わっていない場合

元彼の性格や行動が別れた当時のままだと、復縁は難しいと言えます。
相手を変えることは基本的にできないので、以下の例に当てはまる場合は、深追いせずに諦めた方がよいかもしれません。

復縁の可能性がないパターン

すでに何度か復縁の相談をしたが、断られた

「もう一度やり直したい」と、あなたがすでに復縁を持ちかけたにもかかわらず断られた場合、元彼はあなたと別れた当時のままだと言えます。

復縁するためにあなたがいかに魅力的になっていたとしても、そのことに気づいてくれていないケースもありそうです。

この場合、アプローチを重ねるほど逆効果になる恐れがあるので、今すぐの復縁は難しいでしょう。

明らかに避けられていたり、嫌われていたりする

元彼があなたに寄り添う気持ちを持っている場合、あからさまに距離を取ることはありません。
復縁を言い出さないまでも、関係を断絶するようなことはしないはずです。

逆にLINEを既読スルーされたり、面と向かってキライだと言われたりする場合、元彼の気持ちは別れたときと変わっていないので、復縁は難しいと言えます。

【パターン2】自分が変わっていない場合

復縁は出会い直しなので、あなた自身もその頃とは変わっていなければなりません。
変わっていないということは、別れの原因が解消されていないということ。
その頃の自分のままでは、復縁はもとより、復縁できたとしても長続きはできないかもしれません。

復縁に向けてあなた自身が変われているか、変わるつもりはあるかを考える必要があります。

復縁の可能性がないパターン

自分の浮気が原因で別れており、また浮気してしまいそうな気持ちがある

もしあなたの浮気が別れの原因だった場合、あなたが浮気した事実は、元彼のことを傷つけてしまっています。
あなたに対する不信感や、裏切られたという怒りもあるはずです。

その状態から復縁するのは至難の業。
その上で「また浮気してしまうかも」といった気分があり、二度と浮気しないと断言できないのであれば、復縁は難しいと考えるべきです。

別れた原因や欠点を改善できていない

言動、性格、見た目など、元彼があなたと別れた原因は何かしら存在するはずです。
別れる前に元彼から指摘された欠点がある場合、それらを直してからでないと復縁は難しくなります。

元彼の悪口を言いふらしている

元彼との復縁を望みながらも、きっかけがあるとつい元彼の悪口を言い出し、別れの原因が元彼の方にだけあるように話をしてしまう。。。これは意外とあるパターンです。

元彼の悪口を言うということは、別れた当時のショックや悲しみ(場合によっては恨み)がずっと残っているということ。
その気持ちを引きずったままでは、元彼を受け入れることはできません。

元彼を許し、元彼の幸せを喜べるあなたになっていなければ、復縁は難しくなります。

【パターン3】別れ方が良くない場合

別れた時の状況が良くないと、復縁の可能性は低くなります。

復縁の可能性がないパターン

「嫌いになったわけじゃない」と言われて別れた

別れた時、彼から「嫌いになったわけじゃないけど、将来のためすっとこのまま一緒にいるのは良くないから別れよう」といったニュアンスのことを言われた場合です。
「嫌いになったワケじゃないのになんで別れるの?」と思いますよね?

このような場合、彼の方には別れたい本当の理由があります。ただそれを言えないから、濁した言い方をしているだけ。
「自分は悪者になりたくないけど、どうにかして別れたい」という本音があるわけです。
その本音とは、違う人のことを好きになっている、一緒にいるのが辛くなってきたなど、割と復縁の可能性が無い理由だったりします。

ですが言われた方は「嫌いになったわけじゃないってことはやり直せるかも……」という期待を抱いてしまいます。
つまりこれは、悪魔のフレーズとも言えるものです。

別れと復縁を繰り返している

別れては復縁してを繰り返しているというカップルもいます。
たしかに表面的には仲が良く見えますし、「それだけ別れてもよりを戻すんだから運命の相手だよ」と言われることもあるでしょう。

ですが、簡単に別れてまた復縁する気持ちの裏には、その関係をあまり真剣には考えていない意識もあります。
あなたの存在を(彼のことを)軽く考えているからすぐ別れるし、「やり直そう」と言えばすぐに元に戻れると思っている。
何となくその場の気持ちばかりに流される恋愛をしている。

これは見た目には復縁しているようですが、本当の結びつきとは言えないと思います。

【パターン4】再び出会うチャンスがない

そもそも出会える機会がなければ、復縁は実現できません。
出会うのが難しい状態になっていた場合、出会うためのきっかけづくりができないかを考える必要があります。

復縁の可能性がないパターン

遠距離恋愛がきっかけで別れて、今も遠距離に住んでいる

「別れた原因を改善できていない」とも共通しますが、物理的に会えないのは、復縁にとって大きなハンデとなります。
別れの原因は、遠距離だったからではないでしょうか?
その場合は特に、会いやすい環境を用意できないと復縁は難しくなります。

元彼に新しいパートナーがいる

元彼がすでに新しい恋に踏み出している場合、復縁を目指すとあなたも元彼も傷ついてしまう可能性が高くなります。
元彼との復縁はあなたと元彼だけの問題ではなくなり、今カノも巻き込んだ複雑なものになるためです。

復縁がまったくできないとは言いませんが、泥沼になってしまうことは想像できます。
特に元彼がすでに結婚している場合は、勇気を出して諦める方が賢明です。

元彼と音信不通になっていたり、SNSをブロックされている

元彼にLINEをブロックされていたり、どこにいるのかわからなくなっている状態では、会うことも連絡を取ることもできないので、復縁が難しくなります。

【パターン5】お互いに、実は運命の相手ではなかった

もしかしたら、元彼とあなたは運命の相手ではなかったのかもしれません。
その場合は新しい恋に踏み出した方が、お互いにとって幸せになれる可能性が高くなります。

復縁の可能性がないパターン

人生における根本的な価値観が違う

家族に対する考え方や金銭感覚、幸せの定義など、生きる上での根本的な価値感がズレている場合には、復縁しても幸せになるのが難しいと言えます。
付き合っていた頃の様子や別れた原因を再度見つめ直し、元彼との価値感が違っていなかったかをチェックすることをおすすめします。

別れた後の方が、お互いに充実した生活を送れている

別れた後の方が気持ちがスッキリしていたり、笑顔が増えていたりする場合、元彼とは復縁しない方がよい可能性が高いと言えます。
復縁したいと思ったのは、ちょっとした気の迷いかも。
冷静に回りを見回してみると、元彼以上に一緒にいて幸せを感じられる相手が見つかるかもしれません。

付き合った直後に、短期間で別れた

1~2ヶ月などの短期間で別れた場合、お互いにしっくりきていなかった可能性が高く、むしろその別れはお互いにとってよい決断だったと言えます。
復縁したいと思うのは、別れた寂しさや、恋人がいない不安のせいかもしれません。
自分の気持ちと会話してみましょう。

復縁の可能性を低くしてしまう考え方・行動とは?

ご紹介したようなパターンのほか、考え方や行動の面で復縁の可能性を低くしてしまっている人もいます。

別れた後で焦り、よく考えないで行動してしまう

相手のことが嫌いになったり、ケンカした勢いで別れたものの、寂しくなって執拗に復縁を迫るのも身勝手な行動になり、復縁の可能性を下げてしまいます。

自分の中の寂しさや物足りなさをただ埋めるためだけに復縁を望むのは、独りよがりになりがちで、元彼の気持ちはますます離れていきます。

またそのときの寂しさを紛らわせようと、後先考えず男遊びをしてしまうのも良くありません。
もしそれが元彼にバレたら、復縁できる可能性が一気に低くなってしまいます。

なぜ別れてしまったのか分かっていない、考えない

自分に非があったにも関わらず、別れを切り出された理由を自覚していない場合、自分を変えていくきっかけもつかめません。
あなたが変わらなければ、もう一度彼を振り向かせるのはほぼ不可能です。

極端に自分を卑下したり責めたりする必要はありませんが、自分の気持ちを少し引っ込めて「こういうところが嫌だったんだろうな」と考えてみることは、復縁に必要なことです。

ひたすら謝る

明らかに自分に原因があって別れたのであれば、謝ること自体は悪いことではありません。
ですが度を過ぎてしまうと、言われた相手は罪悪感を抱いてしまったり、嫌悪感を抱くこともあります。
また言葉だけでひたすら謝られても、反省した努力が見えず、口だけと思われて復縁の可能性が低くなってしまいます。

復縁前に元彼と体の関係をもつ

元彼から誘われるままに体の関係を迫られ、自分の寂しかったので応じてしまった。
これはあまり好ましくない形です。
あなたからすすと「これでまたやり直せる」と思うかもしれませんが、元彼は単にしたかっただけかもしれません。
その場合あなたは元彼にとって都合のいい女になってしまいます。

一度そのポジションになったら、そこからきちんと復縁できる可能性はとても低くなってしまいます。

友達の力を借りて復縁を迫ろうとする

元彼と自分に共通の友人がいる場合、その友人の力を借りてなんとか復縁を果たしたいと考える人もいるでしょう。
でも、これはNGです。

元彼からすれば、しつこく復縁を迫されるというのは一種のストーカー行為にも似ているわけですが、それに加えて友達が加勢していると余計に恐怖を覚えるでしょう。

相手からすればいちいち友達を巻き込むな、と怒りや身勝手な行動だと思われてしまいます。

いつまでも彼女面をする

別れたにも関わらず毎日連絡をしてきたり、あなたのことは私が一番良く知っているという姿勢で接してこられると、「別れたってことがわかっていないのか?」と、彼は混乱します。

そういったことをしてくる元カノに対して、元彼は恐怖心しか抱きません。

復縁の可能性があるパターン

復縁の可能性がないパターン

ここまでご紹介してきた「復縁できないパターン」に当てはまらない場合。
そんな場合は、復縁の可能性が十分にあると言えるでしょう。

また、人と人との出会いって、本当に不思議なものです。
元彼の気持ちや考えを完璧に把握するのは難しいので、自分ひとりで「絶対に復縁できる/できない」といった判断はできません。
復縁を切り出すタイミングによっても、結果は全然変わってくるもの。

こうした複雑な要素が絡み合うので、復縁の可能性があるかどうかを客観的に判断するのは、実はすっごく難しいことなんです。
だからこそ、客観的な視点でアドバイスをくれる存在として、電話占いで相談してみるのがオススメです。

\ 総額8,000円分もおトクに /

復縁の可能性を高めるためのアクション

復縁の可能性がないパターン

よく「他人と過去は変えられない」と言いますが、これは復縁でも同じこと。
元彼を変えるのは難しいので、まずはあなた自身が変わっていく必要があります。

復縁の可能性を高めるために、あなたができることはたくさんあります。
ここからは、その方法をご紹介しましょう。

復縁の可能性がないパターン

【ステップ1】気持ちの整理

別れた直後は気持ちが興奮状態にあり、冷静な判断ができなくなります。その状態で元彼に復縁を迫っても、相手はまずます逃げていくだけです。

まずは2~3ヶ月を冷却期間として、気持ちを整理しましょう。

先ほどもご紹介したように、本当に元彼を愛しているのか?執着しているだけではないのか?何が悪かったのか?を自分に問う時間です。

【ステップ2】自分を変える

元彼への気持ちが本物で、「やっぱり復縁したい」という意思が固まったら、次は具体的な行動です。

別れた原因を反省し、改善できるよう努力する。
自分磨きをして、人としての魅力をアップする。

このように自分を変えることで、新たな気持ちで元彼と向き合うための準備をしていきましょう。

【ステップ3】元彼に徐々にアプローチする

自分の準備が整ったと思ったら、いよいよ元彼へのアプローチをはじめます。

一度は別れた関係ですから、いきなりグイグイ押すのではなく、徐々に距離を縮めていきましょう。

以前のあなたとは違う人になったことを、行動や言葉で元彼に少しずつ示していき、元彼の気持ちが自分に向いてきたらさりげなく好意を伝えていきましょう。

【ステップ4】元彼に復縁したい気持ちを伝える

距離が縮まり、雰囲気が良好になってきたら、「復縁したい」と打ち明けるタイミングです。
大事なのは、誠実に自分の想いを伝えること。
返事を急かすのではなく、あくまでもあなたが元彼のことを愛していることを伝えることがポイントです。

復縁できるかできないかは、第三者に客観的に見てもらうのもオススメ

今回の記事では、復縁の可能性がないパターンと、復縁の可能性を高めるためのアクションについてご紹介しました。

とはいえ実際には二人の関係性や性格、別れ方や今の状況などによっても対応は微妙に違ってきます。
また復縁ができるかどうかは、自分では客観的に判断するのが難しい面もあります。

自分自身で考えても、復縁の可能性があるのかないのか、何をすればいいのかが判断ができないときには、二人の将来も含めて客観的にアドバイスをしてくれる電話占いで相談してみるのがオススメです。

あなたが今以上に幸せになれることを、心から願っています。

\ 総額8,000円分もおトクに /