復縁に効果を発揮する手紙の書き方とタイミング

復縁の方法

この20年くらいの間で急速に普及したインターネットやデジタル化のお陰で、今は手書きの文書を書くことが減りました。
SNSで彼氏や友達の近況もわかるし、連絡取りたいときは、メールやラインで行えばすぐ連絡が取れるので、以前のカップルに比べれば、瞬時に簡単にコミュニケーションを取る手段はそろっています。
特に書かれなくなったのは、「手紙」
“ラブレター”という言葉はよく知っていても、実際に書いたことがないカップルが大多数だと思います。
逆にその分、手紙の重みは増したと言え、大事なことこそ手紙に書いて送ることが相手の気持ちに大きく作用します。
今回はそんな貴重な存在となった「手紙」を使って、復縁を叶える方法をお話ししていきます。

復縁に手紙を使う理由とは?

復縁の方法

気軽に気持ちを伝える手段として、LINEは有効です。
スタンプや絵文字を使うことで今の自分の気持ちを表すこともできますし、送る前に何度も書き直せるのも便利です。
ただやはり気軽な分だけ、LINEのメッセージはライトな印象に受け取られます。
ともすると、あまり手間暇もかけずに簡単に送ってきたような印象を相手に与えます。

一方で手書きでの手紙は、(字の上手い下手は関係なく)、あなたの感情や誠意、真剣な気持ちが1文字1文字に現れます。
LINEよりも明らかに手間暇がかかっている、丁寧な印象も与えます。

また手紙はそれを受け取って封を開けるまでにすでに、相手の気持ちを高ぶらせる効果もあります。
封筒や便箋を選んだ時の気持ち、文章を考えながら書いている時の気持ちがそのまま、相手にしっかりと伝えられます。

手紙を使った復縁の注意点・条件は?

復縁の方法

手紙を使った復縁の注意点・条件は大きく分けて2つあります。

まず、1つ目。
復縁に「手紙」を有効利用できる人は、別れるときに大きなもめ事を起こしていない人です。長期間に渡り大ゲンカしていたり、別れるときに電話やLINEなどでしつこくアプローチして着信拒否されていたり、ストーカー行為と思われるようなことをしてないことです。
彼(相手)があなたに相当なマイナスイメージを持っていると、あなたの想いをさらに重く息苦しく感じてしまい、手紙を開封すらしてくれない場合があります。
そのような場合は、冷却期間を少し多めに取り、彼(相手)があなたを許してくれるようになるまで、待ちましょう。

2つ目は、手紙を書くタイミングです。
最低限の冷却期間はもちろん必要なのですが、手紙を使った復縁のタイミングとしては、彼(相手)のあなたに対する想いがまだ残っているであろう、別れてから1-3か月くらいがいいでしょう。
あまりにも短いと冷却期間に達してなく、彼(相手)の印象も変わっていない可能性が高く、復縁なんてありえないと思われたり、長い場合も、あまり効果的ではありません。

もちろん、別れてから数年ずっとあなたが彼(相手)を想っていて、数年後に送った手紙が発端で復縁になる場合もありますが、数年も経過していると相手には新しい恋人がいる場合も多いので、あなたはそもそも復縁レースにも参加できない状況になっていることもあり得えるからです。

復縁したい・よりを戻したい。そんなあなたの力になってくれる占い師がいます。

復縁を成功させる手紙の内容とは?

復縁の方法

手紙は全体が一つの流れで書かれることが多いと思いますので、冒頭は相手への気遣いや、その時期のイベント(クリスマスなど)に関わるような書き出しが自然です。
急に手紙を送って驚かせたことを謝る一言もいいと思います。

内容は、相手からの返信を強く求めたり、過去の悪い点を指摘したり、言い訳をしたりしないようにしましょう。
相手を責めたり、言い訳を書いたりしては、彼(相手)は前向きになれず、あなたとの復縁にもマイナスイメージとなってしまいます。
ポジティブに前向きなメッセージを心がけ、彼(相手)への感謝を書くことがポイントです。

手紙は「長すぎず短すぎず」がベストです。
1行の幅にもよりますが、便箋2-3枚くらいが適切なのではないでしょうか。

インターネット社会では、手間暇かかるので、普段はやらない「手紙」を使ったコミュニケーション方法を効果的に使うことにより、復縁にまで至ったというカップルも多いので、皆さんも効果的に「手紙」を使って想いを伝えていきましょう。

ホームへ戻る》

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA