復縁したいなら、まずは自分を見つめなおすこと

復縁の方法

世の中には、男女問わず、元恋人や元旦那さんと復縁したいと思っている女性が多くいますが、どのようにしたら効果的に復縁できるのでしょうか?
少なくともいくつかの疑問がわいてきます。
例えば、
「冷却期間はどのくらい必要か」
「復縁したいけど、距離感はどのくらいが適切か」
今回は、一般的に言われている心構えと、今までと違った目線での心構え(ポイント)を書いていきたいと思います。

復縁したいなら、冷却期間はやっぱり必要

復縁の方法

よく言われるのは、「復縁したいならまず冷却期間を置く」ということ。
これはやはり重要です。
付き合った期間や結婚していた期間や、どのような別れ方をしたかにもよりますが、意識的にでも、冷却期間は取るようにしてください。

別れた理由はいろいろあったと思いますが、別れ際にはどのカップルも少なくともどちらかの感情レベルが下がった結果、最終的な「別れ」という選択になったのだと思います。
(もちろん、一夜限りの浮気などもあるかもしれませんが、これもお互いの心がつながっていて、愛し合っていれば、防げることだと思うので、これも感情レベルが下がったと言えるはずです。)

「頭を冷やす」などという言葉があるように、冷却期間を作ることにより、お互い気持ちを整理することができ、改めて相手を思う気持ちが湧いてきます。
もちろん、あまり長い冷却期間は、逆に取り返しのつかないこと(元カレや元旦那さんが結婚してしまった)もあり得るのですが、最低でも3ヵ月くらいは必要だと思います。

それまでは、時には「どうしても復縁したい」という苦しい気持ちにもなると思いますが、元カレや元旦那さんのことは極力考えないようにして、メールやSNSでのコミュニケーションも控えてください。
お互い気持ちを整理することができない状況で復縁しても、また喧嘩する環境になるでしょう。

冷却期間の間、あなたがやるべきことは4つ。

①元カレや元旦那さんのことは考えないようにするので、最初の1日だけ使って別れた理由・原因を紙にできるだけ書きだしておく。

② ①の中で、「今後もどうしても譲れないであろうこと」「もしかしたら時には譲れたかもしれないこと」「あの時は譲るべきだったこと」に分類しておきます。

③ 分類した中で、もしかしたら自分磨きをすることで解決できそうなこともあるかもしれません。これを抜き出しましょう。

④ 元カレや元旦那さんのことを忘れ、一定期間自分磨きをする。

一定期間が過ぎて、自分磨きが多少なりともできたら

復縁の方法

別れた理由・原因を紙に書きだしたことを中心に自分磨きを一定期間することで、前回付き合っていたときとは違うあなたがいることでしょう。
新しい自分になって、「元カレと復縁したい」という気持ちもなくなっているかもしれません。

そろそろ連絡を取ってみましょう。
学校や職場で元カレに会う状況でなければ、なかなか会うことはできないと思います。
そんな中、「復縁したい。でも失敗をしたくない」という気持ちが先行して、電話ではなく、メールやチャットを送ってしまうかもしれません。

でも、メールやチャットは止めておきましょう。
メッセージを受け取った時の雰囲気がわかりません。
好印象なのかどうなのか。やはり、電話などでの直接会話がいいですね。
久々で、会話が途切れることもあるでしょうけど、その間も元カレの愛情だったりもするわけです。
あなたはただただ、素直に「復縁したい」という気持ちを胸に、話をすればいいのです。

「復縁したい」気持ちが先行しても、結論は急がない。

復縁の方法

別れるときはいろいろな感情があったと思いますが、あなたは、冷却期間を持ち、素直な気持ちを直接伝えたわけです。
相手も同じ期間の冷却期間を持ったことで、素直な気持ちになっているはずです。
焦りたい気持ちもあるでしょう。
でも、また元カレと一歩一歩階段を登っていけば、必ず、前進するはずです。
相手にも「復縁したい」という気持ちが出てくれば、あとは自然に元に戻っていることでしょう。

ホームへ戻る》

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です