男性が復縁をしたいと思う時

女の復縁

男性はどんなときに、元カノ・元妻と復縁したいと思うのでしょうか?
その男性心理をある程度理解しておくと、復縁できる可能性を高めることにつながります。
今回は、復縁における男性の心理について考えてみたいと思います。

ふと、寂しくなった

女の復縁

男性の中には意外と、別れてすぐは、なんとも言えない解放感や1人での時間を満喫する人がいます。
彼女がいることの窮屈さが無くなり、身軽になったような気がします。

しかし、そんな生活を過ごし続けていると
「やっぱり彼女と過ごしていたほうが楽しかったな」
「あのソフトクリームを食べる姿がかっこよかったな」
などと、ふとした時に思い出したりします。

そして、寂しさや空虚感をあらためて噛み締めたりします。
男性によってはそんな時、何かを期待するような(女性からすると自分勝手にも思える)LINEを送ってきたりします。

あなたをしみじみと思い出す

女の復縁

ふとした時に
「あいつ、いい女だったな」
「もうちょっと、つきあっておけばよかった」
という自分勝手な想いが湧き上がってくることがあります。

失ってみて初めて、あなたの大切さが身に染みるというケースです。

期間の長い・短いに関係なく、あなたを魅力的に思ったからこそ、付き合っていたのは紛れもない事実。
もう自分の恋人でないと思うと、楽しかったことが次々と思い出され、記憶中のあなたがどんどん美化されていく可能性もあります。

そしてそんな想いの末に
「元気でやってるのかな」
「新しい男はできたのかな」
などと、勝手な心配をはじめたりします。

やっぱり、よりを戻したい

女の復縁

ふとしたことで大喧嘩になり、その勢いのままに別れてしまった。
こんなケースの場合は、早い段階から「よりを戻したい」という心理になっているパターンもあります。

別れて1人になり、冷静に考えてみて、「やっぱり俺にはあいつしかいない!」と気付いたりするわけです。

その気持ちを自分中に収めて。「もう別れたのだから」と押し込んで消化していくか、
「すぐに会いたい!」となるかは元カレのタイプ次第です。

男はプライドが高く、不器用

女の復縁

男性は一般的に、良くも悪くもプライドが高い生き物です。
復縁の場面では時として、このプライドが邪魔をします。

復縁をしたいと思ってはいても、謝るという行為に対してプライドが許せない。
または謝り方がわからない。

つまりは不器用なわけです。
このあたりは女性がうまくリードしていく必要があるかもしれません。
面倒ではありますが
「元カノが、やっぱり俺のことを好きだっていうから」
という言い訳を与えてあげる必要が生じるかもしれません。

別れた後の元カレがどのような心境になっているのか知るのは難しいですが、もしあなたはが復縁を望むのであれば、元カレのタイプを思い出してみると想像はつくと思います。
その上で少し冷却移管を置いて、アプローチをすると復縁の可能性は高まります。

ホームへ戻る》

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です